うつ病を改善させるためには抗うつ剤を正しく服用すること

早期発見!早期治療!!

心の健康を保つために

薬

疲れがたまりすぎると誰しもうつ病になる可能性があります。そんなときに効果的なのが抗うつ剤を始めとする治療ですが、それぞれにメリット及びデメリットがしっかり存在します。自分は関係ないと思わず、事前にうつ病について調べておくことをお勧めします。

治療にかかる時間

医薬品

抗うつ剤は脳の神経物質に作用します。さまざまな神経物質に作用するタイプのものと一部の神経物質に作用するものがあり、症状により服用する薬は変わります。安定した状態で効果を発揮することから定められた用量、用法を守ることが大事です。

うつ病を改善する為に

カウンセリング

薬と上手に付き合おう

うつ病を発症した場合に処方される薬に抗うつ剤があります。この抗うつ剤は飲んだらすぐに効果が現れると言うものではありません。徐々にその効果が現れてくる為、その事をきちんと理解する事が大切です。また、抗うつ剤を使用する場合、精神科などで処方してもらいますが、最初は副作用を見る為少ない量から処方されます。その為、余計最初は効果が弱くなってしまうので、効果が無いと自己判断してしまい、勝手に飲む事を止めてしまう人もいるでしょう。うつ病の治療は、薬物療法だけでは無く、精神療法など、心と体の療法にしっかりアプローチを掛けていきます。その為、せっかく治療をしているのに自己判断で止めてしまえば、効果が出てきているのにも関わらず、その効果を無駄にしてしまう事になるでしょう。その為、しっかり効果を実感する為にも、きちんと病院に通って処方してもらう事が大切です。処方される抗うつ剤ですが、脳内環境を調整する為に大変有効です。また、その種類によってもその効果が異なるので、薬の効果をしっかり確認する必要があるでしょう。抗うつ剤は摂取後、だいたい2週間程度から効果が現れてきます。また、抗うつ剤には種類があり、三環系、四環系などに加えSSRI、SNRI、NaSSAなどの種類があるでしょう。どの薬が最も効果が出るのかと言う事は個人差がある為異なります。また、どれも神経系に効果を発揮してくれ、やる気を向上させたり、抑うつ状態の改善を行ったりする事が出来る薬です。また、飲む事で喉の渇きや頭痛などの副作用が現れてくる場合がありますが、その出方をみながら病院では調整を行ってくれます。これらの抗うつ剤と上手に付き合う事で症状を改善に向かわせる事が出来るので、処方された薬はしっかり服用する事が大切です。うつ病を放置してしまえば、症状がどんどん進行してしまう恐れがあります。あまりにも症状がひどくなってしまえば、日常生活にさえ支障が出てしまい仕事なども手が付かなくなってしまう場合もあるでしょう。その為、生活の質を改善する為にもきちんと精神科などの専門家で診てもらう事が大切です。抗うつ剤を飲んでいる場合、良くなったと感じても、服用を止めてしまえばまた症状が出てきてしまう場合もあります。服用するしないはドクターが決めるものであり、勝手な判断はとても危険です。やはり中には薬に頼りたくないと考える人もいるかもしれませんが、上手に利用する事が早期解決への近道になるでしょう。また、うつ病は再発しやすい病気でもある為、きちんと通院する事が大切です。現在うつ病の根本的な原因が何なのか、まだ分かっていません。しかし、薬物療法や心に働きかける精神療法などを用いて治療を行う事で、徐々に症状を改善する事が出来ます。治療をする事は根気のいる事ではありますが、きちんと続ける事が大切です。また、抗うつ剤を使用する中で不安な事などあれば、しっかりドクターに相談する様にしましょう。その為にも、気軽に相談する事が出来るドクターを見つける事が大切です。また、ドクターとの相性も大切になるので、話しやすいドクターを見つけてしっかり治療を進めましょう。

うつ病治療との向き合い方

ドクター

原因が複雑でわかりづらい「うつ」という症状に投与される抗うつ剤は、未だに明確な効果が認められるものは少ないといわれています。しかし、一度服用を始めたら独自の判断で中断しないようにしましょう。心理療法など、別の方法との併用が推奨されます。