うつ病を改善させるためには抗うつ剤を正しく服用すること

医師
  1. ホーム
  2. 心の健康を保つために

心の健康を保つために

薬

情報収集が重要

忙しい現代社会において、働きすぎることや頑張りすぎた人の中にはふと疲れを感じてしまうことがあります。そんな状態のまま働き続けてしまうとその疲れが心の疲れとなってしまい、うつ病となってしまう人も少なくありません。そうなってしまうと物事を行うことが全て億劫になってしまうだけでなく、自身が現在どのような状態なのか、また状況は改善するのかと言った不安や怖れからさらなる症状の悪化を招いてしまうことも少なくありません。そのためまずは自身には関係ないと思わず、抗うつ剤を始めとする治療方法などについて知っておくと良いでしょう。まず抗うつ剤ですが、治療に効果的とは言えネガティブなイメージを持たれることもあります。しかし今では技術の向上などによって副作用が大きく抑えられています。うつ病になる原因は様々ですが、その多くは脳内で分泌されるセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達物質が減少することによって発生することがあり、抗うつ剤はそれらの神経伝達物質が正しく分泌されるように調整するのが主な目的です。セロトニンが減少することで不安や落ち込みを感じる気持ちが大きくなり、ノルアドレナリンが減少することで意欲や興味が失われ、ドーパミンが減少することで楽しみを感じる気持ちが小さくなってしまいます。これらの一つの症状が大きくなったり、複合されたりすることで徐々にうつ病となってしまいます。そのため症状に合わせて効果の高い抗うつ剤や複数の抗うつ剤を組み合わせて摂取することになります。しかしデメリットとしていくら小さくなったとしても副作用があることや、飲み始めてからすぐに効果が出ることが少ないことなどが挙げられます。そのため他の治療法と併用することで高い効果を得ることが可能です。まず挙げられるのが心理的治療と呼ばれる主に精神科で行われるもので、うつ病の原因となる心理的要因をカウンセリングなどによって取り除くことです。治療を受けることで考え方が変わり、柔軟な発想などが行えるようになることがあります。その結果うつ病となりにくい精神状態を得ることができるだけでなく、うつ病にとって最も怖いぶりかえしがなくなるという大きなメリットがあります。しかしこちらは抗うつ剤以上に結果が出るまでに時間がかかるため、焦らずに現在の自身と向き合い、治療を続けていくことが可能です。またどの治療法も基本的には健康保険の対象となりますが、中には自費診療のものもあるため注意しておかねばなりません。その他にも住んでいる環境を変えたりすることも効果的ですが、その場合現在治療を受けている病院のサポートを得ることが難しくなるなどの大きなデメリットも存在します。どの治療においても自身が信頼できる医師をまず見つけ、信頼関係を築いてから治療を始めることが何より重要です。うつ病は誰にでも起こりえる可能性の高い恐ろしい病気です。しかし適切な治療などをしっかり行うことで治すことは十分に可能です。そのため自分には関係ないと思わずに、まずは事前にしっかり治療方法や種類などについて調べておき、いざという時に活用することをお勧めします。