うつ病を改善させるためには抗うつ剤を正しく服用すること

医師
  1. ホーム
  2. 治療にかかる時間

治療にかかる時間

医薬品

様子を見ながら服用する

うつ病と診断された場合にはその症状によって抗うつ剤を使用して治療を行います。うつ病となる原因にもさまざまなものがありますが、特に脳の機能に変化が生じていると判断される症状において使用されます。脳の機能に変化が生じると不安へのとらわれが強くなったり睡眠障害が発生するなどの症状が起こります。これは脳の機能のなかでも神経伝達物質に異常が発生していると言えます。特にうつ病を発症している患者はモノアミンと呼ばれる神経伝達物質の減少が症状として現れることから抗うつ剤ではこのモノアミンの増加を促して不安を和らげる効果を期待します。モノアミンにも種類があり、それらはセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンと呼ばれており喜びや意欲などさまざまな感情に関係しています。うつ病を発症するとこれらの神経伝達物質のバランスが崩れている状態です。例えばセロトニンの減少が起こると不安や落ち込みやすくなる症状が起こります。抗うつ剤にもさまざまな種類のものがあります。セロトニンだけに作用するもの、ドーパミンのみに作用するものなどです。どのような薬剤を使用するかはうつ病の症状から判断することとなります。例えばSSRIと呼ばれる抗うつ剤はセロトニンの増加させる薬剤です。セロトニン不足は不安や落ち込みの症状の原因となるのでこれらの症状に期待できますが、ノルアドレナリンが関係している気力などについては効果を期待することができません。このように症状により慎重に選択する必要があります。抗うつ剤を選ぶときにまず考えるリスクとして副作用が挙げられます。強い効果を期待できる薬剤もありますが、その分強い副作用のリスクがあります。そういった観点からも、まずは副作用の少ない薬剤から使用していくこととなります。セロトニンのみに有効というように効果が限定されている薬剤であれば副作用も弱いものが多く、さまざまな物質に効果がある薬剤は副作用も強くなるリスクがあります。医学の研究によって副作用が少ない薬剤も開発されていますが、体質などによって症状は変わります。抗うつ剤を利用するときに大事なことは、飲み始めてすぐに効果は出ないと言うことです。副作用は飲み始めたころに起こりやすくなっており、体の中に薬剤が入り、安定した状態となって効果が出始めます。そのため服用を開始して効果が出るまで二週間から一か月程度かかります。特に副作用のリスクが高い薬剤を使用するときには少量から服用を開始して様子を見ながら増量していきます。そのため、効果が出るまでさらに時間がかかることもあります。また、体の中で安定した状態であることが大事なので定められた服用の回数、分量を守ることが大事です。症状が落ち着いて安定してきたら、日常生活の中で影響の少ない時期に服用をやめる方向で治療が進みます。いきなり抗うつ剤の服用をやめるのではなく、少しずつ服用する分量を減らしていき、様子を見ながら治療していきます。これはいきなり服用を中止すると調子を崩してしまう可能性があるからです。医師と相談しながら計画的に減らしていくことが大事です。